FXの値動き予想を初心者トレーダーが行う手段

FXの値動きは、通貨ペアの価値の円高、円安を予想するものと言い換えることができるそうです。FXで利益を出すコツはただ一つ、少し先に円高になるか、円安になるかの経済を読むだけという簡単なものなのですが、世界の経済が複雑に絡むので、予測は難しいと言われています。


FXの予測は初心者トレーダーにもできるものが

FXの利益につながるものには経験や情報量などがありますが、この頼りにしたい情報の分析は2つにわかれるそうです。初心者トレーダーでもできるといわれるものが、過去の変動データを参考に今後を予測するテクニカル分析と呼ばれる分析方法で、秒単位や分単位、年単位で外貨為替の変動チャートの動きから、今の動きに一番似ているものを参考に、今後を予想するそうです。


ニュースや通貨の情報で決めるファンダメンタル分析

もう一つが、通貨の情報や世界のニュースを参考に今後の為替がどうなるかを情報から総合的に判断するファンダメンタル分析です。ファンダメンタル分析の場合は、過去にこのようなニュースからこうなった、というようなデータと、今ある情報を照らし合わせることから、経験や勉強などが不可欠になるそうですが、長期トレードでは欠かせない知識と言われています。

Comments are closed.