FXのトレード期間とレバレッジ

FXではトレード期間によって、得ることのできる利益が変わります。多くの初心者トレーダーが狙うのが、売買差益という、売値と買値の差額から出る利益です。他にも金利差益などがあるのですが、これらをトレードに利用する時間とレバレッジなどから考えてみましょう。


FXトレード期間はレバレッジと反比例が一般的

FXでは証拠金に対して、てこの原理でお金を膨らませてトレードをするレバレッジの設定ができますが、トレードを開始してから確定するまでの時間で、この設定が大きく変わることも多いそうです。デイトレードなど、時間が非常に短いものでトレードを行い、すぐにトレードの確定を行う場合はレバレッジは高めに、長期トレードの場合は、為替の変動によるリスクから、設定は低く、またはかけないという考えだそうです。


自分が管理できない時間に合わせてリスクが上がる

FXでは自分がチャートを見ることができない時間などにシストレなどで管理することもできますが、自分で売買をほとんど行わないとしても、寝ている時間などもトレードは継続するという場合、リスクはできるだけ少ない状態で、トレードをすすめるそうです。トレードは自分がチャートを開く時間だけ、という場合には、常にチャートを監視しながらレバレッジで利益を多く生むトレーダーが多いと言われています。

Comments are closed.