FXで証拠金が少ないリスクを知ろう

FXでは少ない証拠金でも始められますなどのうたい文句が多く、初心者トレーダーには高いレバレッジで利益を回収することを前提にトレードを開始してしまうというケースもあるそうです。FXは先物取引という未来の価値を予測するものなので、リスクもあることからレバレッジには規制がかかりましたが、証拠金が少ないことのリスクはレバレッジだけではないそうです。


FXトレードが強制終了する可能性

FX会社には法律で安全にトレードを行うために、証拠金を割った場合には、アラートを出すこと、規約以上のマイナスになっても証拠金の追加入金がない場合には強制的にトレードを終了させる強制ロスカットの導入が求められています。これは証拠金以上のマイナスが出ない、という義務ではないですが、マイナスが出続ける状態でひたすらトレードを続けることもさせないというものです。証拠金が少ないと、強制ロスカットまでにかかる時間が短くなりますよね。


為替の大幅変動に耐えられないことも

FXの為替は一時的に価値を一気に下げても、値段を元に戻すという通貨もあるそうです。この場合、ロスカットを途中で行われてしまうと、回復を待てばプラスになるか、マイナスもなかったものも、マイナスが出た状態でトレードが終わるのでマイナスになってしまう可能性もあるそうです。証拠金が少ないと、変動の大きなトレードには不利になることもあるそうです。

Comments are closed.