Archive for 10月, 2015

FXはペアで考えることが大事

FXは通貨を取引して利益を出す投資です。しかし通貨を取引するならどのように取引しても良いわけではありません。FXには通貨ペアで取引するというルールがあります。これは基本ルールなので初心者トレーダーは絶対に覚えておいてください。


外貨預金では勝った通貨を売ることはあっても、持っていない通貨は売ることは出来ません。よく海外旅行に行く人は分かっていると思いますが、ドル、ユーロ、オーストラリアドル、スイスフラン、ニュージーランドドルなどといったように自分が買える通貨のみだけ外貨預金で記載されています。
しかしFXではこの仕組みと少し違います。例えば日本人が米ドルを買おうと思った時は「円を売って、米ドルを買う」このことを意味します。初心者の方にはこの円を売るという事に違和感を感じるかもしれませんが、相手の立場に立ってみると「米ドルを売って、円を買う」ということになります。
FXは相対取引なので、相手の立場に立って考えると少しイメージしやすくなるかもしれません。そしてまた、現在持っていない通貨を売ることもできます。
つまり米ドルを買うとしても、円でドルを購入する、英ポンドでドルを購入する、スイスフランでドルを購入する。このようにたくさんの選択肢があります。
よくFXは売りからも取引することが出来るのに、なぜ買いのポジションしか取らないのかと疑問に持つことがあります。もしかしたら、このシステムについてよく分かっていないのかもしれないですね。
ここで必ず覚えてほしいのは、取引は常に通貨ペアによって行われているという事です。
つまり「米ドル/円」を売るという事は「米ドルを売って円を買う」という意味になります。
取引する時に、売りのポジジョンから入ることは戦略としてよく使います。
特に不況な時に使用するケースが多いですね。